FC2ブログ

風景いろいろPhoto

永源寺  

湖東三山を回った後、永源寺にも行きました。

四寺院共に建物と紅葉を中心に写した結果、似た様な写真が続きました。

PCに取り入れた写真を見て、どれがどのお寺だったのか分からなくならないように、一番先に寺院の名が入った案内板を写しました。

次の寺院でまた最初に寺院の名が入った案内板を写すといったことで間違わないようにしました。


274A1415.jpg



274A1417.jpg


274A1416.jpg
どこも紅葉が見頃で、見応えと写し甲斐がありました。

似たような写真を長々と失礼しました。これで最後になりました。私自身も楽できました。

この後載せる写真が・・・


スポンサーサイト



湖東三山 (3) 百済寺  


百済寺は「ひゃくさいじ」と呼びます。くだらではありません。

聖徳太子により創建され、近江国最古の寺院となっています。

火災や織田信長の焼き討ちでほとんど焼失しました。その後彦根藩の支援により本堂、仁王門、山門が完成し

現在の建物のすべては近世以降に完成したものです。

 本坊・喜見院 石段を登って仁王門へ。
274A1373.jpg


石段を上ると大きな草鞋が下がる仁王門があります。 参拝者の後ろ姿を入れました。
274A1379.jpg

さらに石段を上がると本堂に到着します。
274A1384.jpg
参道途中の駐車場から出発です。下の入口の赤門からだともっと石段が続きます。

湖東三山 (2) 金剛輪寺  


金剛輪寺も天台宗の寺院で行基が開祖となっています。

境内の紅葉は御本尊が流した血で染まったと言われる真っ赤な「血染めのもみじ」です。

本堂と三重塔は織田信長の焼き討ちから逃れることができました。

三重塔はその後荒廃し、昭和になって修復再建されました。

274A1306.jpg

本堂と紅葉
274A1302.jpg

長い参道の両側や境内には千体地蔵がずらりと並んでいます。
参道は人が多すぎて、境内のお地蔵さんです。参道にこれと同じお地蔵さまが並んでいます。
274A1333.jpg


湖東三山 (1)  西明寺  


湖東三山は今が紅葉の見頃で多くの観光客で混雑しています。

湖東三山とは琵琶湖の東部にある天台宗の三寺院のことです。

西明寺は平安時代初期に創建された寺院です。

織田信長による焼き討ちから三重塔や本堂は焼き討ちからまぬがれ、現在は国宝や重要文化財に指定されています。

境内には千本の紅葉が圧巻です。


274A1281.jpg


274A1297.jpg


           274A1257.jpg

休日とあってどこ見ても人がいっぱい、人が写らないよう苦労します。



▲Page top