FC2ブログ

風景いろいろPhoto

雪吊り  

北陸の冬では重い雪から樹木を守るのが雪吊りです。

雪吊りには兼六園式と北部式、南部式の3種類あるそうです。

縄1本1本が枝に結ばれています。



ここ兼六園はもちろん兼六園式の雪吊りです。

274A2093.jpg


274A2090.jpg


           274A2099.jpg


スポンサーサイト



雪の兼六園  


今年平野部で3日ぶりに2回目の積雪がありました。とは言っても3㎝ほどです。

朝さっそく兼六園に出かけてきました。


274A2088.jpg


274A2084.jpg


            274A2035.jpg

普通の写真ですが久しぶりの兼六園です。

実りの棚田  


刈り取り間際の棚田は黄金色に輝いていました。

IMG_9580.jpg


IMG_9574.jpg


IMG_9598.jpg
白米千枚田

夕暮れの散居村  

砺波平野を望める夢の平へ。

連休中はカメラマンで混んでいると思い、連休が終わった翌日、いくらなんでも今日は空いているだろうと行ってきました。

到着したころは確かに空いていましたが、なんと時間と共に三脚の列で大混雑。

今しか見られない風景なのでカメラマンには曜日は関係ないのでしょう。


IMG_6810.jpg



IMG_6855.jpg


IMG_6892.jpg

風に吹かれて  


私は写真初心者の部類です。プロの写真家の教室に通っていますが一向に上達しません。

3か月で5回が一区切りの教室にもう3年以上になりま。

授業の内容は風景写真で、ほとんど構図の作り方です。けっこう細かいところまで直されます。

ブログの写真は教室に持っていく前のものがほとんどです。

今回は、桜が咲き始めた頃、強風で柳の枝がなびいているところを写したものです。

1枚目と2枚目が教室に持って行ったものです。
講評
風に吹かれている感がないが柳を写したものとしてはこれで良い。咲き始めと思われる桜との取り合わせも良い。 

やなぎ6-2

講評
風に吹かれてなびいているところの発想が良い。構図として右下の柳との関連性があって良い。

               IMG_5371.jpg


               IMG_5934.jpg
細かい所は抜きにして、このような感じの講評でした。この2枚に関しては評価が良かったです。

▲Page top